年齢肌から来るシミを改善する美白成分5つ!元の白い肌に!

年齢肌から来るシミを改善する美白成分5つ!元の白い肌に!

年齢肌というものは女性にとって必ず訪れるものとなっているので、それを考えた予防と対策が大事になってきます。

 

もちろん予防だけで済めばいいのですが、しかし実際にはシミなどに悩んでいる方はとても多いそうですね。
そんな年齢肌から来るシミを改善する美白成分を5つ今回は紹介していきたいと思います。

 

 

定番のビタミンC誘導体

 

年齢肌のシミの原因はメラニン色素にあるとされていますが、
これは生成を阻害する方法とメラニン色素自体を分解する方法が対策として考えられます。

 

 

この二つの効果を持っているのがビタミンC誘導体です。こちらは年齢肌だけではなく肌ケアには定番の成分となっているのですが、
特に後半のメラニン色素自体を還元する効果を持っているのが特徴となります。

 

 

比較的身近な成分となっているのですが肌を乾燥させる作用もあり、
実は刺激が結構強いので、乾燥肌の人は注意深く使用する必要があります。

 

 

 

最近増えてきたハイドロキノン

 

上記のビタミンC誘導体と同じようなメラニン色素の生成を阻害する効果と、
メラニン色素自体を還元する成分としてはハイドロキノンというものがあります。

 

 

これは実際には皮膚科などで処方されている強めの成分なのですが、
最近では低濃度ならば化粧品などに含めても大丈夫となりました。

 

 

これによってビタミンC誘導体と同じように肌を漂白するような効果が得られるのですが、
やはり刺激が強いので地肌の相性を考えないといけません。

 

人気上昇中のプラセンタ

 

女性の肌に効果があるとされている成分としては、やはりプラセンタというものは多くの人が耳にしていると思います。

 

 

このプラセンタですが動物などの胎盤を利用しており、
この豊富な栄養素がエイジングケアだけではなく、
女性の美容に様々な効果を出してくれます。

 

 

プラセンタには更年期障害などの年齢から来る女性の悩みにも効果があるとされており、
シミなどにはメラニン色素の生成を阻害する効果があります。

 

 

またプラセンタによって新陳代謝が活性化されることで、
肌の栄養面も改善をするために古い角質などを代謝して血行を活性化させてくれます。

 

 

安全なアルブチン

 

アルブチンという成分も最近では耳にしている人も多いと思いますが、
実はこれは上述のハイドロキノンを安定化させたものとなっています。

 

 

種類にはαアルブチンとβアルブチンと二種類あるのですが、
どちらもハイドロキノン自体と比べて安定性が高く肌に優しいというのが特徴となっています。

 

炎症作用に効果があるトラネキサム酸

 

上記の成分にはメラニン色素の生成を阻害する効果や還元する効果がありましたが、
実際に肌が荒れて炎症が起こってしまった時に効果があるのがこのトラネキサム酸です。

 

 

肝斑や肌荒れにも効果があるとされており、
ちょっと普段とは違った炎症が強い感じの時に使用すると、元の白い肌に戻すことができるでしょう。

 

美白成分のまとめ

 

このように簡単ですが年齢肌やシミに効果がある美白成分を説明していきました。

 

どれも効果が高いものとなっている反面、肌が弱い方や乾燥肌の方は相性が大きく影響をしてくるので、
まずは自分に合ったものパッチテストなどで調べてから美白を始めましょう。