夏におすすめな5つのナチュラルパックの方法

夏におすすめな5つのナチュラルパックの方法

夏や暑い時期、最近では、オゾン層が破壊されてきて、どんどん紫外線が強くなっているので、肌にもかなりの刺激や負担がかかっています。
そこでここでは、夏におすすめな、ナチュラルな素材を使ったパックを5つご紹介しましょう。

 

 

きゅうりパックで水分補給

 

 

これは有名どころなので、皆さんもやったことがあるであろうきゅうりパックです。

 

きゅうりは栄養価は低いのですが、たっぷりと水分が含まれている野菜なので、これを肌にパックしてあげることで水分補給をしてくれます。
皆さんはもしかしたら、きゅうりをスライスすることが多いかもしれませんが、美容大国の韓国では、これをオロシでするのが主流です。

 

こうすることでお風呂でこれをやっても、最終的にそのまま流すことができるのと、水分を肌に吸収しやすくしてくれる効果があります。

 

 

牛乳パックでストレス解消

 

夏と言えば、かなり暑く、その中にいるだけでストレスを感じていることが多くありませんか。
そんなストレス解消にも良いのが、牛乳パックです。

 

 

人肌程度に温めた牛乳をコットンなどにしみこませて顔にペタッと貼り付ければ、その温かさと牛乳の甘い感じの香りに心が癒され、ストレスを解消すると同時に、保湿効果の高い牛乳ですから、肌に湿気を与えてくれます。

 

 

はちみつパックで保湿を

 

夏だけでなく、オールシーズン、毎日やっても良いくらいのパックが、はちみつパックです。

 

ただはちみつをべたっと顔に塗りつけるだけなのですが、はちみつは保湿効果が高く、スーパーフードでもありますから、肌に栄養も与えてくれます。

 

 

できれば、調整されていないはちみつを使うことで、この栄養価が際立つので、そういったはちみつを見つけてください。
1度やっただけで、肌のモチモチ感がそれをやる前と全く異なるので、おすすめのパックです。

 

 

レモンパックでビタミン補給

 

レモンをスライスしてそのまま貼り付けるだけという簡単なパックです。

 

ただし、レモンは刺激的なものとなりますので、目に入らないように注意してくださいね。

 

 

レモン以上にビタミンCを豊富に含んでいる素材はないと言われているくらい、ビタミンCというお肌の状態を保つためにもマストな栄養素が豊富に含まれているので、それを肌につけてあげれば、日焼け予防にも効果がありますから、是非毎日やってください。

 

 

バナナパックでさらなるビタミン補給

 

 

そして最後は、意外化と思われるかもしれませんが、バナナパックです。

 

バナナをマッシュして、ペースト状にしたものをお肌に塗るというモンドエスが、実はバナナもビタミンCが豊富なので、お肌にとても良いのです。
レモンパックと二重でパックしてあげることで、ダブルのビタミンC補給になりますので、お肌のあれがひどい時などにダブルでやりましょう。

 

市販のパックよりもナチュラルで肌に優しいので、肌に刺激の強い夏に、こんなものを使ってパックし、お肌をきれいに保ちましょう。